Naarden ナールデン

オランダの五稜郭ならぬ六稜郭(?)の街 (2001.June.9)
イラスト_1

 突然ですが、五稜郭ってご存じですか。

 北海道は函館にある日本初の洋式城郭で、明治維新最後の戦い「箱館戦争」の舞台となったところです。ここは今では観光名所となっていますが、実はこれと同じような場所がオランダにあるんですよ。
 ただしこちらは「六稜郭」でひとつ多め。なんか数で負けてるのは面白くないけど。(笑)

というわけで、今回は城郭の中の街、Naarden(ナールデン)です。

イラスト_2

 この街は、上から見るとちょっと変形した六角形の星形をしています。街の周りに堀がぐるり張り巡らされていて、稜堡と呼ばれる城郭本体から張り出した部分が六つ飛び出ています。

 この稜堡、それぞれ銃の射程内にあって互いの援護射撃ができるので、死角をなくすことができるらしい。似たような作りの城郭は世界各国にあるので、その時期の流行でもあったのかな?

 北海道の五稜郭も武田斐三郎がヨーロッパで発達した城郭都市をモデルにして要塞を設計したそうですから、実はモデルにしたのはNaardenだったのかも、なんて想像してみたり。(笑)

イラスト_3

 日本の五稜郭は戦うためだけの城郭ですが、Naardenはこの城壁の中に街が丸ごと入っています。城壁の中だからか、オランダというよりちょっとドイツかどこかみたいな印象。おまけにオランダだというのに自転車専用道路がない!これもオランダっぽくない感じを受ける一因なのでしょうか?

 ちなみにこのNaardenに家を買おうと思ったら、日本円で1億程度は覚悟しなければいけないそうです。おまけに街自体が国の保護地区に指定されているらしく、家を改装したりするにはちゃんと許可をとらなければならないとのこと。
 うーん、ここに住むのも大変なのねえ。

 維持に努力をしているだけあって、街並みもさすがのきれいさ。小さい街なので徒歩でのんびり探索しましょう。噴水のある公園もあるし、あちこちにベンチもあったりとなかなか親切。疲れたらカフェでのんびりお茶、っていうのもいいかも。

 土曜日には青空市も開かれます。

 さて、街全体が歴史的建造物ですから、教会や市庁舎などの歴史的な建物を見学するのもいいのですが、私のお薦めは稜堡へ登ってみること。
 細い道がちゃんと作ってあるのでなかなかのピクニックプレイス。天気の良い日はお弁当でも持ってのんびりしたい感じです。

 でも、道以外は草むらなので、虫さされにはご注意!それにワンちゃん達を散歩させるコースでもあるようなので、足元の「落とし物」にも気を付けて下さい。

イラスト_4
イラスト_5

 もうひとつの私のお勧めは「Het Nederlands Vesting museum」、歴史博物館です。
 えっ?、別に歴史なんて興味ないよ、なんて方も是非どうぞ。

 実はここから城壁の周りをまわるボートツアーが出ています。入場料とは別ですし、観光客の数によって出たり出なかったりとえらくのんびりしてますが(つまり人数が揃わなければ出さないらしい)2Euro程度の気軽なツアーなので、是非受付の人に当日やっているかどうか聞いてみて下さい。

 それにここではお客さんが多い日の午後には、時報の替わりに大砲を実際に撃つ(もちろん空砲)というデモンストレーションもやってます。
 私は運良く見学できましたがなかなか迫力もの。ちゃんと昔の軍服を着た兵隊さんが説明をしながら手順を踏んでやってくれます。これも日によってやったりやらなかったり、時間も変動するようなので受付に聞いてみて下さいね。

 そうそう、このデモンストレーションですが、火をつけるのを見学の子供にやらせてくれるんですよ。
 お子さん連れの方は是非、見学時に前の方へ。ただ、大砲の口の近くにいると危ないのでどかされちゃいますから、大砲の真横辺りを狙いましょう。
 撃つのは三つ並んでいる大砲の一番右側の大砲です。

 では、次回もお楽しみに!

Naarden
アムステルダムからA1にて
Hilversum方面へ
出口5から数km

Het Nederlands Vestingmuseum
Westwalstraat 6
035-694-5459
火-金 10:30?17:00
土-日 12:00?17:00
(11/1から2/28は日曜日のみ開館)
www.vestingmuseum.nl
※オランダのミュージアムカードで入れます

ページトップへ戻ります

Copyright (c) 2002. oranda-seikatsu
All rights reserved since 2002
back to index