Zegveld オープンガーデン

ここをクリックすると現地で撮影した画像をご覧頂けます。


イラスト_1 聞きなれない地名に「それって何処?」という方も多いだろうZegveld。ちなみにカタカナ読みでは”ゼフフェルト”が一番近いと思われます。(管理人の語学力ではかなり怪しいですが)

 Utrechtから西に約15km、オランダなら何処にでもありそうなこの村は、広大な敷地とのどかな風景に囲まれた小さな村。例年、六月に入るとオランダ国中あちらこちらの場所でオープンガーデンが開催されていますが、その中でもここの素晴らしさは群を抜いています。たった二日間だけ公開されるここのオープンガーデンは、実はオランダの園芸雑誌などで紹介されたりもしていてかなりの穴場&お勧めなのです。

 ちなみに昨年このコーナーで紹介したDe Meijetuin メイエガーデンもここから程近い場所にあるんですよ。そういうのが盛んな地域なのかもしれないですね。

 今回はこのZegveldのオープンガーデンをご紹介します。

■開催時期と参加方法

 まず時期ですが、昨年、今年と六月の最終週末の金曜日、及び土曜日でした。 年度によって替わる可能性はありますが、ほぼこの前後の時期に行われるようです。
  時期が近づいてきたら、下のサイトで情報が得られます。
Hoofdwegtuinendagenというのが、オープンガーデンのことです。オープンハウスと書いてある場合もあります。

//www.zegveld.net/ (Zegveldのサイト)


 参加方法は激しく簡単です。全て無料なので、その場所に行くだけ。(笑)
 大通り沿いに「tuin」と書かれた看板が出ていたら、そのおうちの庭には入っていい、という印。遠慮なく入って美しき庭を堪能しましょう。

  もちろん、全て個人のお宅ですから最低限のマナーは忘れずに。 庭によっては簡易カフェを設置していたり、自分のところで育てた苗を売っていたり、チーズを売っていたりしますが、なんにせよプライベートな場所に入れていただいているわけですから迷惑にならないように気をつけるようにしましょうね。
  感覚的には地域のお祭りみたいな感じなので、運がよければイベントやガラクタ市をやっている時もあるようです。

  オランダ語が読めるなら、各庭にどこのおうちが庭を公開しているか掲載した簡単なパンフレットが置いてありますので、それをもらってチェックしていってもいいですね。 ちなみに全部で14のお庭が公開されています。

■こんな感じの庭があります

 この手のネタを取り上げると、毎回画像が見たいというご要望を頂くんですねえ。毎回悩みどころではあるのです、実は。
(一応、プライベートに絡む画像は載せないようにしています)

 しかしご希望もわかる・・ない頭を絞って考えた結果、今回は説明無しの画像のみということにしてみました。(苦笑) どこがどこなのかは、是非ご自分で探して見て下さいね。

ガーデン_1

ガーデン_2

ガーデン_3

ガーデン_4

■アクセス(車の場合)

 オランダの地図をお持ちの方はUtrechtの近辺のページを開いてみて下さい。

 Utrechtの左下の方にWoerdenという比較的大きな街の名前がありませんか? Woerdenを見つけたら、あとは簡単。その左上の方に小さくZegveldという地名を発見できるはずです。

 目印が少なく一歩通行なども多いためヘタに地道を通ると非常にわかりにくいので、簡単なルートをご紹介しておきましょう。少し遠回りになるので、もちろん「大丈夫、任しとけ!」という方は独自のルートでどうぞ。

*AmsからA2 出口5番からN401→N212→N198でWoerdenに入り、そこからN458→Zegveldというコース。

さらにわかりやすいのは、少々遠回りですが

*AmsからA2→A12(Den Haag方面)へと乗り継ぎ、出口14番で降りる。そこからN204でWoerden市内へ入り、そこからN458→Zegveldというコース。


  さて、村の中には基本的に駐車場はありません。村の真中を通る大通り沿いに路上駐車することになるのですが、ここは子供も多く、自転車の往来も激しいので気をつけること。 もちろん、個人宅の駐車場の前を塞いだり、入り口の前に停めないようにして下さいね。
 またなぜかこの道、妙にスピードを出している車が多いので、車の外へ出る時や発進する時などくれぐれも気をつけるようにして下さい。


 では、次回もお楽しみに!


ページトップへ戻ります


back to index
Copyright (c) 2002. oranda-seikatsu
All rights reserved since 31 May 2002